賃貸物件探しでは不動産屋を通さない契約方法が人気の理由があります

不動産屋を通すと仲介手数料が必要です

不動産屋から賃貸物件を紹介されて契約すると、仲介手数料が家賃の0.5ヶ月分かかります。実際には特約を結ばされて1ヶ月分請求されることが多いので困りものです。不動産屋は家主からも広告料という名目で1.5ヶ月分以上の金額を請求しているので、法律上の上限として定められている仲介手数料を家賃の1ヶ月分を遥かに超える家賃の数カ月分を不動産屋は得ています。家主から直接借りれば、仲介手数料自体が不要となり、家主も広告料は本物の広告料として使えます。

家主が求めていない契約を追加されるリスク

家主は入居者に長く安定して住んで欲しいと考えています。なぜなら、賃貸経営を行う上では入居者募集が最もお金が掛かってしまうからです。にも関わらず、不動産屋に客付けを依頼すると本来は要求していない不動産屋独自の条件を追加されてしまうことが珍しくありません。仲介手数料を取った上に更に、消毒費用や鍵交換費用などを請求する不動産屋も珍しくありません。敷金・礼金・仲介手数料だけでなく各種追加で費用を請求されてしまうと、家賃の半年分も初期費用が掛かってしまう自体も起きてしまうわけです。

家主から直接借りれば互いに満足

インターネットで賃貸物件を探すと、異変が起きていることに気が付きます。保証人の代わりに保証会社との契約を強制する物件の情報で溢れているわけです。家主が直接入居者を募集出来るサイトが登場して人気を博しているのは、日頃の家主側の不満と入居者が感じていた違和感を解消する方法として最適だからです。保証会社を使うか保証人を立てるかは、家主と入居希望者との間で話し合えば良いので、無駄な費用を一切掛ける必要無く契約可能な点が人気が集まる理由となっています。

江別市の賃貸では、最新設備が充実している物件も多いため、利便性を求めている人でも満足しながら暮らせます。