資産があるなら知っておきたい!相続税を減らすコツ

税理士の先生にアドバイスを求めるのが一番

大きな資産を相続する可能性があるなら、税理士の先生に税金が減らせないかアドバイスを求めるのが一番です。税理士の先生はその点に関してはスペシャリストですから、最適な方法を教えてくれるはずだからです。どうすれば効率的に税金が減らせるのか、具体的な案を示してくれます。ですから、後はその指示に従っていけばいいだけです。もちろん合法的な方法しか教えてはくれませんから、法律違反を知らずにしてしまう可能性もゼロになります。

亡くなる前から対策を講じておくのがベスト

相続税対策は、被相続人が亡くなってから始めるのでは遅いと言えます。被相続人となる人が生きているうちから、何かしらの対策を講じて行くのが理想的ですね。なぜなら、本人が亡くなってしまうと遺言を書くこともできなくなりますし、生前贈与をすることも不可能になるからです。節税対策の中でも効果の大きいものがほとんど使えなくなってしまいますから、早め早めに動き出すことが重要になります。亡くなるまでに数年あれば、かなりの節税ができる可能性があります。

株や不動産を絡めた節税対策も視野に入れよう

単純に生前贈与を繰り返すのも効果的ですが、不動産や株式を絡めて相続税を抑えるテクニックもあると知っておきましょう。特に株式は、安い時期に譲渡や相続ができれば、かなりの節税に繋がる可能性があります。株価が暴落していれば、それだけ資産の評価額が減ります。相続税は評価額に一定の割合を掛けたものになるので、株価暴落で資産の評価額が減っていれば、それだけ支払う税金も少なくなるという仕組みです。もちろん合法的な手段になりますから、脱税の疑いを掛けられることもないので安心です。

相続税対策を立てるために、経験豊富な税理士が揃っている事務所に早いうちからアドバイスを求めることが効果的です。